お知らせ

飛島北・南CT


飛島ふ頭南側コンテナターミナル

飛島ふ頭南側バース16m

日本初の自働化ターミナル/高サービス・低コストを追求

 飛島ふ頭南側コンテナターミナルは、水深16mの耐震強化岸壁、22列対応のガントリークレーンを備えた高規格コンテナターミナルで、船社・港運・荷主系物流企業からなる飛島コンテナ埠頭㈱が管理運営及び上物施設の一部を整備しています。
 2005(平成17)年12月の第1バース(TS2)供用を経て、2008(平成20)年12月供用の第2バース(TS1)と併せて2バースで運営しており、北米・欧州の基幹航路を中心とする貨物を取り扱っています。
 ターミナル内の作業は、日本初のAGV(自働搬送台車)や、ラバータイヤ式の門型クレーンでは世界初となる遠隔自働RTGを導入するなど、日本初の自働化ターミナルとして「高サービス・低コスト」を目指し、荷役効率向上に向けた取組が続けられています。

飛島ふ頭南側コンテナターミナル

コンテナターミナルの概要

  TS1 TS2

岸壁(耐震)延長

350m 400m(取付部50m)

バース水深

16m

ターミナル面積(岸壁・エプロン含む)

127,570m2 233,979m2

蔵置能力

テナーヤード 7,920 TEU(4段積) 9,768 TEU(4段積)
(ほか、検査ヤード等GS) 税関・植検、危険物、冷凍

冷凍施設(400V用)

240個
ゲートハウス レーン数 搬入6レーン、搬出6レーン
ガントリー
クレーン
基数 3基(免震) 3基(免震)
定格荷重 45.0 t 45.0 t
アウトリーチ 59.0m(22列6段対応) 59.0m(22列6段対応)
レールスパン 30.5 m
トランスファークレーン(RTG) 24基
無人搬送車(AGV) 33台
借受者・ターミナルオペレーター 飛島コンテナ埠頭(株)
(出資者)川崎汽船(株)、(株)商船三井、日本郵船(株)、旭運輸(株)、伊勢湾海運(株)、(株)上組、
東海協和(株)、(株)フジトランスコーポレーション、名港海運(株)、飛島物流サービス(株)
寄港航路状況 北米、欧州