鍋田ふ頭コンテナターミナル

中国・韓国貨物が中心~中部経済を支える~

 鍋田ふ頭コンテナターミナルは、1997(平成9)年4月からの1バースで供用を経て、2001(平成13)年4月から連続2バースとして一体供用を開始し2009(平成21)年4月には増大した貨物に対応するため、T1東側にヤードを拡張整備しました。また、2012(平成24)年4月にはT3バースの供用を開始しました。
 本ターミナルは、中国・韓国貨物を中心に名古屋港全体のコンテナ貨物の約3分の1を取り扱っており。全国的にも屈指の高い稼働率を誇るターミナルとなっています。
 T2バースおよびT3バースは、耐震強化された岸壁(公共)及びガントリークレーン(T3バースは免震)と液状化防止対策を施したヤードを備えており、震災時における国際海上物流機能を確保するためのバースとして位置づけられています。

鍋田コンテナターミナル

ガントリークレーン

管理棟

冷凍施設

ゲートハウス

トランスファークレーン

コンテナターミナルの概要

  拡張地 T1 T2(耐震強化) T3(耐震強化)
岸壁延長 350m 350m 285m
バース水深 14m
ターミナル面積 57,186m2 175,000m2 175,000m2 125,000m2
蔵置能力(グランドスロット)
ヤード全体 6,768TEU
テナー、キャリアヤード 436TEU 1,986TEU 2,340TEU 2,006TEU
(うち、検査ヤード等) 植検、危険物、冷凍
冷凍施設 ヤード全体/288個 144個 144個
ゲートハウス レーン数 搬入24レーン、搬出12レーン
トラックスケール 16
ガントリークレーン 基数 3基 3基(耐震)
2基(免震)
定格荷重 40.6t 40.6t シングル40.6t、ツイン50.0t
吊揚荷重 57.9t 58.4t(6号機のみ58.6t) 70.5t
アウトリーチ 48.5m(17列6段対応) 50.0m(18列6段対応) 48.5m(17列6段対応)
レールスパン 30.5m
トランスファークレーン 38基〔24基(エンジン/給電)、14基(電池/給電)〕
車両待機場 8レーン、168台(20ftトレーラー換算)
ターミナルオペレーター 伊勢湾海運(株)、(株)上組、東海協和(株)、 日本通運(株) 、
(株)フジトランスコーポレーション、三井倉庫(株)、三菱倉庫(株)、名港海運(株)
借受者 名古屋ユナイテッドコンテナターミナル(株)
寄港航路状況 中国、韓国、台湾